当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

きみが死んだあとで

『三里塚のイカロス』の代島治彦監督が、伝説の学生運動を3時間20分に凝縮したドキュメンタリー。1967年の第1次羽田闘争で、18歳の若者・山崎博昭が殺された。それから約半世紀。彼の同級生や当時運動の中心にいた14人が、あの闘争を振り返る。

※この商品は、予約した場合キャンセルできなくなる場合もございます。予めご了承の上、ご注文ください。

まだレビューはありません

購入・お申し込みはこちら

コメント